--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/02/03.Wed

割合 

学校の授業が苦痛と感じる子を一人でも減らしたい。

↑↑↑
今、塾を開業するなら、自分の理念にしたい言葉。


小学5年の算数の「割合」

・もとになる数
・比べる数
・割合

この3つを取り巻く関係を学ぶというもの。

なんか・・・
文章のひらがなを見て、×÷を決めちゃう子って意外と多い。

のがけ」→「の」があると掛け算など。

こんな風に解いても絶対、意味ない
(実際のところ、大体正解なんだけど・・・)

その子の考える力を奪っているとしか考えられない説明。
個人的に、すごく不満。

そうなると、文章読まずに、平仮名ばっかに注目して、
平仮名を見て、割合の問題を解くようになっちゃうし、
実際になっている子もいる。

文章を読んで、それを理解する。そして、計算をし、答えを導きだす。
それをすることに意味がある。絶対に。




スポンサーサイト
塾 思いつくまま | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。