--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/09/24.Thu

しっかり、話してきます。

大学院の口述試験対策をしていて、

思ったことを書いて、受験に旅立ちたいなと思っています。


失敗3点
・教授に怒りを覚える。それが隠し切れない。
・緊張で支離滅裂。頭が回転しない。
・落ちる恐怖への思いが強すぎる。無難に終われと思ってしまい、自分を出せない。
(積極的に話せない。)

どれも、これも精神的なこと。

その精神的なことから、自分が目指す大学院が必要とする議論をする力が失われていると思う。

そんなことに、今日気がつく。
議論をする力、意見を言う力、説明力がもっとも問われていると思う。

どの力も、かなり自分が劣っているは思わない。
だから、自信を持つこと。
それが言葉に力を与える。そう思う。

今日の収穫
自信を持つこと。

決して、楽観的にものごとを見るのではなくて、自信がなければ、なにもできない。
面接で、自分には、その自信がもっとも無くなっていたと思う。


そして、
今日は、自分ならできるという気持ちが強い。


落ちても、落ちてからがんばればいい。
自分さえ、出し切れたら落ちても悔いは残らない。



この大学院への対策の4ケ月間。
特に9月以降。

落ちたとしても、
自分にとって、自分を見直す良い機会になったと思う。



まぁ、なにを言おうと、自分の今の思いは、

筆記試験突破したからには、
絶対受かりたい!!!!!!!!

のこの一言だけ。



がんばろう♪



(受験後)すぐに、大学院がすべてダメな場合の進路をどうするか、即座に考える。
就職活動は、どのようになっているのか、全くわからない。

試験ができなくても、へこむ時間はなく、すぐに動こう。
例え、自信があっても、すぐに動かないと。

・就職活動を行う。
・塾講師になる。
・春に大学院をもう一回受ける。
・浪人する。

の選択肢は4つ。



スポンサーサイト
大学院受験 思いつくまま | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
>Clueさん
ありがとうございます!

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。