--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/07/13.Mon

格式高い  NGO 3

汗だくになりながら、受付をした。
今日は、暑かった。。。



神戸から地球へ
というシンポジウムがあって、参加してきました。
参加というか、ボランティアで参加。
参加者は、300人で。
その受付してて、様々な人が参加してた。
なんとも言えない「社会がつながっている」って感じがした。
なんか、すごく安心。

一生懸命、言葉で表現すると、
社会の非政府部門のつながりの深さ

を痛感した感じ。

参加者・スタッフの中で、自分は、唯一の学部生。
(授業の一貫で、わざわざ、岡山から電車で、参加する高校生もいたけど・・・)

それほど、価値のあるシンポジウムだと思う。


場所は、兵庫県公館

なかなか、格式高い、立派な建物。
あんなのあったんだっていう感じ。


貝原前兵庫県知事の基調講演、わかりやすく。
さすが、知事って感じ。

貝原さん・・・戦後第4代兵庫県知事
阪神淡路大震災のときの兵庫県知事。

貝原さんのおかげで、会場が兵庫県公館なのかなって感じた。


このシンポジウム、内容はどうこうより、さっきも書いたけど、
社会のつながりの深さ、広さを感じた。

人は、成長するにつれて、さまざまな形でさまざまなヒト・モノとつながる。
非政府非営利の部門のつながりって、こんな感じなんやって感じた。

どう説明したらいいのかわからないけど・・・

NPOは、社会にとって、大切!
ほんとに。社会の足りない部分・欠けてる部分を補う存在なのかな。
今の自分はそう思う。

その足りない・欠けてる部分。
自分が社会のその部分を必要とするとき、
NPOなどの存在の重要性に気づくことができるのかなって思う。



平日の昼間に300人もの人を集めるシンポジウム。
すごいなぁー
参加費は、無料。

裏側を知りたくてたまらない。ウズウズ。




スポンサーサイト
NGO 思いつくまま | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。