--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/04/22.Wed

中華人民共和国

中華人民共和国 (ちくま新書)中華人民共和国 (ちくま新書)
(1999/09)
国分 良成

商品詳細を見る



中国について、知らないことが多すぎた。
こんなに近い国なのに。
それに、日本とこんなに経済交流がある国なのに。

知識がないのに、その国のことを思いこみ(ステレオタイプ)で述べるのは、
危険すぎる。

改めて、認識させられた本でした。

中国がどのような過程を経て、現在に至るのか。
社会主義市場経済の意味が、少しわかったのかもしれない。

中国は、リアリズムの国なのかな・・・
国際レジームなどへの参加もかなり積極的になってきている。

経済は、現実的には、市場主義。 けど、国は社会主義。


一行で感想を書くとすると、

権力を握る中枢の人たちの苦悩・・・すさまじいものだと思う。


北京大学に行ったときに、
「これが今のベスト」「仕方がない」ということが理解できてきた。



スポンサーサイト
読書 思いつくまま | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。