--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/03/09.Tue

東大法学部

東大法学部 (新潮新書)東大法学部 (新潮新書)
(2005/12/15)
水木 楊

商品詳細を見る


欧州のエリート養成機関とされる大学(オックスブリッジなど)では、学生一人に指導教師がつくチューター制度を取るところが多い。

しかし、東大の入学者は毎年3000人程。

東大がエリート養成機関であるなら、極めて多い人数である。

本でもあるように、

P166抜粋
エリートは、少数だからこそエリートなのであり・・・


エリートの大量生産。。。そこに矛盾的なものがそこにはある。

ゼミにも、全員が入れないらしい。




今後、大学生の人口が減少していくなかで、どのように変わっていくのだろうか?
日本の大学も、海外の有名大学のように、奨学金制度が充実し、授業料そのものは高くなるのかな?
東大という一つの大学で、年間1000億円の国費が投入されている。




スポンサーサイト
読書 思いつくまま | Comments(0) | Trackback(0)
2010/03/02.Tue

電車が減る。

JR西日本が2010年3月13日にダイヤ改正をするみたいなんだけど。。。

地味に電車の本数が減る。

通称ドル箱路線と言われる・・・
JR京都線、神戸線がけっこう減るみたいだ。

不景気、人口減少による長期的な乗客減を見越しての列車の本数減の気がする。

一般的に考えて、人口減少は、運輸系の会社に対して、重要すぎる問題だと思う。

そのことからすると、人口減少が続く限り、大変な業界なのかもしれない。。。


少子化対策として、子供手当が導入されようとしているけど、実際に効果はあるかはわからない。
けど、なにか策を打たないと、人口減少は止まらない。
子供手当がよくないとすると、それに変わる対案は、なにがあるのだろうか?
保育所の増設などなど。だけど、直接的には、やはり子供手当が一番効果がありそうな気がする。

けど統計的には、子供手当が合計特殊出生率に与える影響は極めて小さいようで。。。


自分的には、日本の人口減少による経済規模の縮小は、ほんとに大きな問題だと思う。

どうなるんだろうか?日本の少子化問題

子供手当の合計特殊出生率に対する効果は、実際にはどうなんだろうか?
それがすごく気になります。

思いつくまま | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。