--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/01/31.Sun

田辺時代は、言語文化学部チャイ語専攻、政治学副専攻だったのかも。

大学生活最後の田辺に行ってきた(かーねる調べw)maybe!

試験監督のアルバイトで、お世話になった旅行会社の。

JR黄檗6時59分の電車に乗り、
大久保で、近鉄に乗り換え、
興戸から、徒歩で、田辺に。

いやー懐かしい感じがすごくしました。
興戸の駅前におっきなマンションが建設中だったり、同志社前の駅のホームが長くなってたり。

意外に変化していて、ちょいびっくり。


やっぱり、田辺キャンパス
広くて、解放感あって、いいところだと思う。

もし、田辺坂がなかったら、
今出川よりか、好きなのかも(すごく少数派の意見だと思うけど。)


同志社の田辺って、やっぱ広い。
同志社女子大学があり、同志社国際中高があり、同志社大学がある。
今日いって、改めて思った。

それに、設備がいい。



1・2回生の時は、英語上級&チャイ語インテンシブで、意外に出席率はよかったほうだと思う。
チャイ語は、週に4コマも受けてたし・・・w

そんだけ受けたら、多少使えるよね。それは・・・w

田辺っていったら、
チャイ語、英語、比較言語文化、地域言語文化の印象が強すぎる。

自分の中では、その4つを受けたことが、すごく印象的。

正直今から思うと、
言語文化学部チャイ語専攻って言えるぐらいですw
きっと、それが、自分の中には、良かったのだと思う。
政治だけだと、飽きちゃうから、
ほかの興味ある分野を好きになれたのは、大学生として大学に満足できる重要な要素だと思う。

好きな授業がある。それは、ほんとに大切だと思う。

サークルの元顧問の先生の授業は、その中でも一番好き。
クラス中から、ナンプラーがくさいって言われたのが、めっちゃ懐かしい限りです。
サークル活動が、授業に活かせるって、すごく楽しかったし、充実感があった。


自分にとって、田辺楽しかったです。
言語文化学部チャイ語専攻、副専攻に政治学
それが、自分の田辺ライフだったように思います!

言語文化っていうものが、純粋に好きなんです。僕は。
スポンサーサイト
思いつくまま | Comments(0) | Trackback(0)
2010/01/31.Sun

旅行いっぱい。

2月8・9日は、福井

2月11・12日は、金沢

2月13-15日は、東京

2月15-17日は、四国

2月20-27日はタイ&カンボジア

2月に計5回の旅行。


それに、テスト・ワンワールドフェスティバル・政治活動・セミナー♪
そして、友人とのお食事。
そして、週一回の塾講師。

これで、2月の予定は、全部埋まったorz


いやー普通に楽しみです


3月は
8-10日男祭り旅行

そして、舞鶴に行きたいから、「青春18」で行く。
そして、津山と新見にも行きたい。

そして、もし、16-25日JENESYSのプログラムに参加できたら、もう旅行だらけ♪


そして、晴れて大学院の生活。になるはず。大学卒業、祈ってます。
卒業可否発表は、3月上旬。
思いつくまま | Comments(0) | Trackback(0)
2010/01/29.Fri

JRがすごいと思うところ。

JRの特急指定席券&乗車券をWEBで予約して、駅まで取りにいった。

JRの尊敬するところは、地元の駅でも、みどりの窓口が朝5時30分からあいているということ。

地元の駅は、JR奈良線の黄檗駅
快速も止まらず、ふつうのローカルな駅って感じなんだけど。

黄檗駅で、みどりの窓口がなかったとしても、多くの乗客が目指す終点の京都駅には、たくさんのみどりの窓口がある。それにも関わらず、地元の小さい駅にも、みどりの窓口がある。

みどりの窓口が地元の駅にあって、非情に便利だと思う。
ふと、人件費&設備費用を考えてしまう。

そう思うと、どうなんだろうって思う。
JR西日本で、働いていないんだから、気にすることはないんだけどね・・・w


地元に駅に、みどりの窓口があることに対して、JRにありがとうございますと言いたいなって思います!


JR黄檗駅のもう一ついいなって思うところは、
駅のトイレが、タクシーの運転手の方のトイレにもなっているということ。
あるものは、しっかり活用されるべきだと思う。

次は、JR奈良線が、複線化されているところがもっと多かったらなーと思う。
思いつくまま | Comments(2) | Trackback(0)
2010/01/29.Fri

初ラジオ

今日は、4限にアフリカ地域研究のテストがあって、

その後、すぐにラジオの収録♪

アルバイト経験を活かして、DESAの活動に活かしたということをしゃべった。

まだ、少し時間があったみたいなんだけど・・・

けど、初めての経験をすることができてよかった。
一回も噛まなかったのは、奇跡なのでしょう。どっちみち、滑舌が悪いんで、一緒ですが。。。

それで、開きなおっていては、いけないですね。少しは、滑舌をよくする努力をしようと思います!
目標に向けて、すごく大切なことだと思う!

目指す目標に向かって。。。

今は、まだ靄がかかっている状態だけど、一歩一歩確実に進んでいきたい。

そして、今日は、滑舌の悪さを痛感した日でした。



「緊張してないですね」って結構言われたけど、いや、普通にしています・・・
ほんと、一回で終わって良かった。そう思います!
あれを何回もしたら、気が遠くなっちゃいそうだ。

関係ないけど、そう思うと、ドラマの収録ってすごいよね。。。ほんとすごいと思います!



思いつくまま | Comments(0) | Trackback(0)
2010/01/25.Mon

正解なんてわからない、だから一生懸命考える

12月23日から30日まで、インドに行ってきたのですが、その感想を書いていなかったので・・・

ブログにも載せておこうと思います。

スタディツアーで、こういうことを学ぶことができました。


正解なんてわからない、だから一生懸命考える。
(2009年12月インドスタディツアーを振り返って)
 
 2009年12月23日から30日まで、2009年12月23日~30日、インドのムンバイから車で7時間ほどの農村部にある、現地カウンターパートNGOのISSA(インド社会活動協会/Indian Society for Social Action)に宿泊しながら、学校や職業訓練校、その地域特産のサトウキビの砂糖工場や社会福祉施設などを訪ね、経済格差とNGOのアプローチについて学びました。
 このスタディツアーに参加したことにより、同年代の参加者の考えを聞くことができたこと、それが自分の中での一番大きなことだと思っています。当たり前のことかもしれないけど、同じ経験をしたとしても、それに対して、1人1人みんなが違うことを思い感じ、そして考える。その当たり前のことを実際に経験でき、話あったことが自分にとってとても有意義であったと思います。
 ツアー中に、ストリートチルドレンから物乞いしている現場に立ち会うこととなった時に、どのような対応を取るべきなのかについて。大学などで一般論的に、彼らに対してお金をあげないほうが良いことだということが言われているが、実際にはそれが正しい行動なのだろうか。ツアーの参加者の一人一人、生きていた背景がそれぞれ違うわけであり、思うことも違ったことだと思います。その後のバス車内や、当日の振り返り(一日の終わりに話合う場)などで、お互いの意見を共有することができ、また自分自身が実際に体験したことをふまえ、思い、感じ、考えることができました。その中で、正解なんてない、また、考えてもわからないかもしれないという思いに辿り着きました。しかし、正解を追い求めることは大切であり、わからないからと言って考えることをやめてはいけない、そう強く思いました。
 自分自身にとって、今までの23年間(特に学生の期間)は、きっと答えはあるから、一生懸命考えれば、絶対に答えに辿りつくことができるという思いが、強くあり、インドで体験したようなことは非常に少なかったです。だから、このインドでの経験は、自分自身の考えを広げることにおいて、非常に価値のあることだったのではないかと思います。正解なんてわからない、けど少しでもその正解に近付くために、真正面からその事実に対して向き合い、そしてその事実に対峙し、辛くなったとしても、逃げずにそのことを考えることが大切であると改めて思いました。 スタディツアーで学んだことをまとめるとすると、「正解なんてわからない、だから一生懸命考える」このことに尽きると思いました。
 また、インドへのスタディツアーで多くの楽しい経験をすることができ、本当に参加して良かったと思います。一緒に参加したメンバーに対して、感謝の気持ちを表現する機会が少なかったのかなと自分自身思います。だから、ここで、「ありがとうございます」と言って、感想を終わりにしたいなと思います。
NGO 思いつくまま | Comments(0) | Trackback(0)
2010/01/17.Sun

リラックス

JR西日本冬の関西1dayパス 2900円
(京阪と南海電車も乗り放題)


これを購入し、いざ、姫路へ。

そして、姫路城。

そして、神戸モザイクへ。(カップル多いなーーー)
前から、行こうと思っていたオールド・スパゲティ・ファクトリー 神戸店 に。

おいしかったように思う。

そして、京都に帰る。

この1dayパスは、非常に便利ではないかと思う。
もう少し、学生に宣伝されてもよかったのではないかなって思う。

私鉄なしで、JRのみで、2500円やったら、かなりうれしいのにーーー

思いつくまま | Comments(0) | Trackback(0)
2010/01/17.Sun

人との時間のために。

レポート
報告書
テスト



目白押し。

目白。


今日は、朝2時から、がんばっています!
朝にやるのが、なんでもはかどるんです!
大学院受験の際に気がつきました。

ということで、2時からやっています。
行政組織論のテスト対策。
官庁セクショナリズムで挑もうと思っています。

参考文献

日本の行政―活動型官僚制の変貌 (中公新書)日本の行政―活動型官僚制の変貌 (中公新書)
(1994/04)
村松 岐夫

商品詳細を見る



官庁セクショナリズム (行政学叢書)官庁セクショナリズム (行政学叢書)
(2006/05)
今村 都南雄

商品詳細を見る



がんばって、やろう。

そして、インドの報告書。
そして、インドのプレゼンの資料。
そして、倫理学のレポート

今日は、一個プレゼンが終わった。
思いつくまま | Comments(0) | Trackback(0)
2010/01/17.Sun

出会いは、今日のうちに振り返る。

名刺もらったら、その日のうちに連絡を取る。

簡単なことだけど、大切なこと

自分の目標に向かって、もう夢なんて言わない。

絶対に夢なんて、言わない。目標として、それに向かってまい進する。


どのような道をたどっていけばいいのか、わからない。
今は、自分で、探ってやっていこう。
ひたすらに、さまざまなところに顔を出そうと思っている。


参加したいものがありすぎて、どれに参加したらいいのわからない。

しっかりと、選んで、参加する。

がんばるっきゃない。



なんか、人との出会いを少しでも多く。
そして、覚える。
顔と名前を覚えるのは、幸い得意である。
それが、自分にとって、ラッキーなことだと思う!





思いつくまま | Comments(0) | Trackback(0)
2010/01/16.Sat

プレゼンから、振り返る自分

自分の大学生活を振り返るプレゼンを行なった。

正直、もう少し、うまく説明しなきゃいけないところがあったと思う。

本日取り上げた自分が所属するDESAというサークル。
DESA


自分が学生が団体活動に望むもの。
そして、DESAがそれを十二分に満たしていた。
だから、活動に専念したいと思った。

大学1回秋学期に思ったこと。
①学生自らが設立・学生主体の運営

②自由闊達な風潮・自主的な活動参加形態

③交友関係の拡大

ふつうにこれである。
なんの変哲もない、普通のことである。

そして、設立者の熱い思い を知ることになり、自分の心が燃えた

自分の心が、燃えた。

今日のプレゼンで伝えたかったこと。

ずばり、熱い思い
それが、心を動かす。そして、人を動かす。そして、それが、団体を動かす。

大学生活が終盤になるにつれて、熱い思い というものが、少しずつ薄れてきたのかなと思う。

学生を動かすには、考えが古いのかもしれないけど、

本当に熱い思いが必要である。
本当にそう思った。

正解は、違うのかもしれないけど、

自分の大学生活の経験では、熱い思い。それが、学生を動かす原動力であると思った。
思いつくまま | Comments(0) | Trackback(0)
2010/01/15.Fri

掴んだら離さない。

一度掴んだら、離さない。

とことん、おっかけます。

それが、売りのかーねるです・・・w

2010年は、一度掴んだら、離さない

これを、大切にする一年にすることが大切なのかもしれない。


今日、学んだこと。

受付の名簿とは、見やすさが一番。
いらない情報は、排除。
受付の名簿とは、普段の名簿とは意味が違う。

見やすさに重点を置くことが大切

これができているところとできていないところでは、団体に差があるように思う。(かーねる調べ)



思いつくまま | Comments(0) | Trackback(0)
2010/01/07.Thu

キャッシュカードを紛失

キャッシュカードを紛失・・・

人生初・・・

酔ってなくしたわけでもなく・・・

コンビニで入金したのを最後に、行方不明に。


24時にも関わらず、銀行は、対応していただけるんですね。
24時間サービスにほんとに感謝。
ほんと神だと思います。

5分の電話で、

カードの停止、
そして、残高照会、
そして、カードの再発行。


それに、夜中にも関わらず、電話の女性の方の対応が、なんともすばらしい。

一件落着。


三菱東京UFJ銀行、感謝です。


思いつくまま | Comments(0) | Trackback(0)
2010/01/07.Thu

宇治市議会の会議録

宇治市議会の会議録

キーワードで検索を行えば、自分の知りたい情報を知れる。

今まで、自分の市に、こんなのがあるなんて、知らなかった。

なにが、自分の市で、議論されてきたのかがわかる。

大学で、政治学科に属しているけど、こういうのがあるなんて、知らなかった。

すごいね。インターネット。

いまさらやけどw


思いつくまま | Comments(0) | Trackback(0)
2010/01/03.Sun

クリスマスプレゼント

2009年のクリスマスプレゼント

プレゼントをもらったのは、唯一、ゼミの先生。


それも、実家に直送!!!!!


中身は・・・


ゼミ論を修正して、コメントを書いていただいたもの。



うれしいです。はい!


次は、スカイプで、指導をしていただく♪

ゼミ論指導をスカイプで行うという郵便とインターネットを駆使したおしゃれな指導です。


はたして、スカイプで、指導を行うゼミは、ほかにあるのだろうか???



先生に、スカイプをつなぐという作業。
普通に緊張します。。。





思いつくまま | Comments(0) | Trackback(0)
2010/01/02.Sat

2009年を振り返る 人の温かみを知る1年。

この曲聴きながら、2009年の振り返りをしました。インドで歌った歌。

なんか癒されました。





2009年を振り返る前に、2009年のあらすじを。。。

2009年1月エース会の会長が終了。
2009年1月就職活動を考え始める。
2009年2月大学院進学を考え直す。
2009年3月就職活動を頑張ると決める。
2009年3月エース解散。
2009年4月就職活動に失敗。
2009年5月大学院進学に絞る。
2009年5月TOEFLを試験対策を始める。
2009年6月大学院の説明会に参加。
2009年7月志望動機、研究計画、学習計画を書く。
2009年8月勉強に明け暮れる。
2009年9月受験始まる。
2009年9月キタの大学落ちる。危機感がMAXに募る。
2009年9月ひとつ、受けるの怖くて受験を欠席。
2009年9月受験終了。
2009年10月合格発表。第一、五志望に合格。第2、第3、第4志望に落ちる。
2009年10月燃え尽き症候群に落ち入る。
2009年11月燃え尽き症候群脱却のために、want to list に挑戦。
2009年12月燃え尽き症候群なのか、なにかわからない落ち込み状態のまま、インドへ。
2009年12月インド帰国後、モチベーションが高く。燃え尽き症候群というか落ち込み状態脱却。


振り返りをまとめようと思う。

1、エース会
2、就職活動
3、大学院受験
4、燃え尽き症候群
5、DESA
6、まとめ


1、エース会
2008年、生活の2大柱であったDESAとエース会。そのエース会について。
会長って役割を入って4か月で担当。
そして、そのエース会が2009年3月31日で解散。
何人の人が泣いたんだろう。
メンバー全員が、なんでっていう気持ちに襲われた。
その事実に対して、なにもできない自分たち。むなしさだけ募った。
今でも忘れられない、解散の通達を受けた時の自分の気持ち。
失恋そのものだったように思う。それも、一方的に告げられる。
そして、無力感に襲われた。

その後、ちょこちょこ、個人で、仕事をもらうという流れに変わる。
ほんとに、遠く過ぎ去りし日のことにように思う。
記憶ってこんなもんかと思う。
みんなで、オフィスの10Fと11Fで働いていたなんて、もう想像もつかないような状態。
ノウハウは、データで保存しているけど、もうなんの役にもたたない。
けど、忘れたくないから、消したくないから、残している。
記憶は、主観的だけど、データは客観的に残り続けるから。


2、就職活動

時代の流れに流されるまま、考えていた大学院を忘れることができないまま、就職活動を始める。
今から思うと、自分の弱さというか、
どこでもいいから、働いて、給料もらって、自分で一人立ちしたい。

この思いが、ほんとうに強かった。

これだったら、アルバイトでもできるにも関わらず。
そんなことにも、全く気がつかない。
そのまま、就職活動の大海原に。
そんな状態で、内定を得ることができるわけもなく。
撃沈。
当たり前か。

4月いっぱいであきらめた。

それは、自分の力の無さに気がついたからなのかもしれない。
なにかわからない。
失敗したことによって、自分のやりたいことをやろうという気持ちが強くなった。


自分にとって、就職活動

それは、どこでもいいから、自分の興味ある分野で働けたらいいなーって的な感じであったと思う。

4月にあきらめたといっても、あきらめきれていない自分には、5月6月7月に出会う。
意思の弱さというか、自分の弱さを痛感する出来事だと思う。


3、大学院受験
5月から、ひたむきにといっても、就職活動を忘れきれていない自分にも出会う。
5月6月7月と大学院説明会に足を運ぶ。
そこで、モチベの維持に務めていたように思う。
モチベ維持を外部の力に頼らなければいけないほど、勉強には集中できていなかった。
5月6月は、受験勉強はせずに、TOEFLの勉強に挑んだのみ。
7月からは、ようやく筆記試験の勉強を始める。
集中力は、極めて低く、30分継続するのが限界。
8月、たくさんの同期からの励まし、合格しゃもじ、
後輩からのたくさんのメール、後輩からのプレゼント、お守り。
それで、がんばれたと思う。
8月中旬には、寝るご飯バイト以外は、勉強するようになれた。
だいたい1日12時間ほど。
9月4日ひとつめの試験落ちる。
危機感が体重に表れ始める。
体重が減る。
1日15時間ほど、勉強できるようになる。
そして、9月15日第一志望を受験。
9月18日第二志望を受験拒否。
9月18日第一志望の一次試験通過の知らせ。
9月19日母校の受験。徹底的にことごとく論破される。
9月26日第3志望の受験。面接で、徹底的に論破される。
9月28日第一志望の面接。試験直前にほっちに電話をした。
そして、面接にて、好感触。
そして、受験との戦いが終わる。

すごい、気持ちだった。
受かってもいないのに、すごい達成感というか、ほこらしげだった。
あの羽田から伊丹までの飛行機が、すごくすがすがしく、機内で、感極まる。

そして、10月2日合格発表
そして、大学に。母校合格!!!
そして、14時。
第一志望の合格を知る。
パソコンを打つ、自分の手の震えを今でも感じる。。。


4、燃え尽き症候群
楽しい日々を過ごしながらも、ずっと悶々とした気持ちが続く。
自分の気持ちが、よくわからないような感じだった。
どんなに、楽しいことをしても、なんか、二重人格の自分が常にそこにいるような気持ち。
すごく、嫌だった。
嫌だったから、たくさん寝たり、アルバイトをたくさんしたり、たくさんの人としゃべったり、
たくさん、孤独になったり、

けど、なにも変わらなかった。
鬱というものが、少しわかったのかもしれない。
鬱というものを少し勉強したりもした。

このことは、また、のちに書こうかなと思う。


5、DESA
DESAというサークル、それが、大学生活2009年の自分の居場所だと本当に感じた2009年。
DESAというサークルの存在。それが、自分を強く居させてくれたのだと思う。
(2009年3月31日に、もう一つの大きな居場所であるエース会がなくなったことも大きかったのかもしれない。)
それにしても、DESAのみんな存在の大きさは、自分にとって、最も大きいものである。
本当に、確信を持って言える。
2009年、DESAというサークルに所属できたことをほんとに、誇りに思う。

そして、12月20日のクリスマスパーティー
恋愛レボリューションを踊る。
そして、「ぼーねる」で司会を担当。
気持ち悪いぽーねるをやるかやらないかを、当日まで悩み続けて、

結果、やり遂げることができた。
途中、何回も、心が折れそうになったが・・・

けど、そんなDESAが好きだからできたのだと思う。



6、まとめ

2009年も、悔いのない1年のように思う。
たくさんの人と出会い、たくさんの経験をできた。
なんといっても、1年で大きかったことは、進路選択(就職活動、大学院受験)だと思う。そこで、自分自身の弱さを痛感できたこと。
それは、自分にとって、ほんとに大きなことだと思う。
支えてくれたみんなに、ほんと感謝です。

2009年、人の温かみを知る1年だったんだと心から思います。
自分一人では、なにもできない。
けど、みんながいたから、できたんだと思う。































思いつくまま | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。