--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/01/25.Mon

正解なんてわからない、だから一生懸命考える

12月23日から30日まで、インドに行ってきたのですが、その感想を書いていなかったので・・・

ブログにも載せておこうと思います。

スタディツアーで、こういうことを学ぶことができました。


正解なんてわからない、だから一生懸命考える。
(2009年12月インドスタディツアーを振り返って)
 
 2009年12月23日から30日まで、2009年12月23日~30日、インドのムンバイから車で7時間ほどの農村部にある、現地カウンターパートNGOのISSA(インド社会活動協会/Indian Society for Social Action)に宿泊しながら、学校や職業訓練校、その地域特産のサトウキビの砂糖工場や社会福祉施設などを訪ね、経済格差とNGOのアプローチについて学びました。
 このスタディツアーに参加したことにより、同年代の参加者の考えを聞くことができたこと、それが自分の中での一番大きなことだと思っています。当たり前のことかもしれないけど、同じ経験をしたとしても、それに対して、1人1人みんなが違うことを思い感じ、そして考える。その当たり前のことを実際に経験でき、話あったことが自分にとってとても有意義であったと思います。
 ツアー中に、ストリートチルドレンから物乞いしている現場に立ち会うこととなった時に、どのような対応を取るべきなのかについて。大学などで一般論的に、彼らに対してお金をあげないほうが良いことだということが言われているが、実際にはそれが正しい行動なのだろうか。ツアーの参加者の一人一人、生きていた背景がそれぞれ違うわけであり、思うことも違ったことだと思います。その後のバス車内や、当日の振り返り(一日の終わりに話合う場)などで、お互いの意見を共有することができ、また自分自身が実際に体験したことをふまえ、思い、感じ、考えることができました。その中で、正解なんてない、また、考えてもわからないかもしれないという思いに辿り着きました。しかし、正解を追い求めることは大切であり、わからないからと言って考えることをやめてはいけない、そう強く思いました。
 自分自身にとって、今までの23年間(特に学生の期間)は、きっと答えはあるから、一生懸命考えれば、絶対に答えに辿りつくことができるという思いが、強くあり、インドで体験したようなことは非常に少なかったです。だから、このインドでの経験は、自分自身の考えを広げることにおいて、非常に価値のあることだったのではないかと思います。正解なんてわからない、けど少しでもその正解に近付くために、真正面からその事実に対して向き合い、そしてその事実に対峙し、辛くなったとしても、逃げずにそのことを考えることが大切であると改めて思いました。 スタディツアーで学んだことをまとめるとすると、「正解なんてわからない、だから一生懸命考える」このことに尽きると思いました。
 また、インドへのスタディツアーで多くの楽しい経験をすることができ、本当に参加して良かったと思います。一緒に参加したメンバーに対して、感謝の気持ちを表現する機会が少なかったのかなと自分自身思います。だから、ここで、「ありがとうございます」と言って、感想を終わりにしたいなと思います。
スポンサーサイト
NGO 思いつくまま | Comments(0) | Trackback(0)
2009/12/23.Wed

初インド

12月23日から30日まで、インドに行ってまいります。

女性14人と自分という、なんとも言えない男女比ですが、がんばってきます。

属にいうとハーレム的状況なのです。笑


とりあえず、行ってきます!!!


NGO 思いつくまま | Comments(0) | Trackback(0)
2009/12/05.Sat

NGOに学生組織を作る。  NGOへの贈り物として

NGO内に、学生が活動できるように、学生組織を作る。

今週、こんな任務が僕に舞い降りて来ました。

きっと、簡単な人には、簡単なんだと思う。
けど、自分には・・・笑

それに、時期は、4回生の12月。
そんな去りゆく自分が、

NGOに贈る贈り物として。


いやーやるしかないでしょう。

ということで、一人でやります・・・

まず、どうしようかな・・・笑

いやー考え込みます。普通に。


率直に言うと、自分に何のノウハウもありませんが・・・笑


まぁ、任務が舞い降りてきたからには、やってみせます。

国際協力NGOの活動に興味がある関西の学生のために。

そういった組織がないNGOに、学生が活動しやすいように組織を作る。

これがまた、なかなか難しいそうな感じです。
難しいそうな感じと言えど、やるしかないんですよね。笑


誓約書なども一から作らないといけない。


いろんな方に、アドバイスをもらいに行くしかないようです。

さぁ、がんばります。

やるっきゃない。







NGO 思いつくまま | Comments(1) | Trackback(0)
2009/11/08.Sun

スタディツアーをふと考える。 女子大生を中心とする会 

約30人の女子大生を中心とし、報告会&交流会。

準備・受付・カンパ・司会・進行・片づけを担当した。

久しぶりの再会あり、
報告会の真剣さあり、
交流会の盛り上がりあり、

普通に楽しかった。

全部で3時間の企画だったけど、なんか異様に疲れた。。。

報告は、夏にスタディツアーに参加された方々。
マーシャル、ベトナム、カンボジア。

どの報告も素晴らしかった。

そして、どの報告においても、共通のものがあった。

それは・・・

「生命(いのち)」について語られたこと。


スタディツアーについて

スタディツアーに払うお金があるなら、
「そのお金を寄付したほうがいい」という思いも自分にある。
そして、その論理も非常に明快でわかりやすい。


その意見の反論としては、自分の中では、このような考えを持つことができる。

現地で見て感じたことによって、社会のとらえ方が変わり、
のちに、スタディツアーに投資(自分への投資)によって、それ以上のものを得られるのものだと思う。
そのためには、スタディツアーに参加するだけじゃダメ。
その後の、事後活動によって、スタディツアーへ参加した価値が、何倍にも大きくなる可能性がある。
現地の人たちも、きっと(憶測)やけど、そのようなことを望んでいるのではないかなって思った。


報告会を通して、こんなことをいろいろ考えてみたものの、結局は、参加した人次第ということか・・・
というつまんない着地点に落ちた・・・

そして、考えるの一時ストップして、交流会をひたすら楽しんだ♪

そして、この企画に同志社の学生も4人も来ていた。
いろいろとしゃべると、3回で、卒論の題材を探しにきたとか、
1回生で、サークルなにに入ろうか迷ってるとか・・・
いろんな方々がいた!


まぁ、結局は、スタディツアーに参加して感じたことを「実践できるなにかが」、極めて必要であると感じた。
そして、それが、企画するNGOの責任・役割だと思う。
そして、それに自分が携わりたいという気持ちがより強くなった。

NGO 思いつくまま | Comments(0) | Trackback(0)
2009/07/13.Mon

格式高い  NGO 3

汗だくになりながら、受付をした。
今日は、暑かった。。。



神戸から地球へ
というシンポジウムがあって、参加してきました。
参加というか、ボランティアで参加。
参加者は、300人で。
その受付してて、様々な人が参加してた。
なんとも言えない「社会がつながっている」って感じがした。
なんか、すごく安心。

一生懸命、言葉で表現すると、
社会の非政府部門のつながりの深さ

を痛感した感じ。

参加者・スタッフの中で、自分は、唯一の学部生。
(授業の一貫で、わざわざ、岡山から電車で、参加する高校生もいたけど・・・)

それほど、価値のあるシンポジウムだと思う。


場所は、兵庫県公館

なかなか、格式高い、立派な建物。
あんなのあったんだっていう感じ。


貝原前兵庫県知事の基調講演、わかりやすく。
さすが、知事って感じ。

貝原さん・・・戦後第4代兵庫県知事
阪神淡路大震災のときの兵庫県知事。

貝原さんのおかげで、会場が兵庫県公館なのかなって感じた。


このシンポジウム、内容はどうこうより、さっきも書いたけど、
社会のつながりの深さ、広さを感じた。

人は、成長するにつれて、さまざまな形でさまざまなヒト・モノとつながる。
非政府非営利の部門のつながりって、こんな感じなんやって感じた。

どう説明したらいいのかわからないけど・・・

NPOは、社会にとって、大切!
ほんとに。社会の足りない部分・欠けてる部分を補う存在なのかな。
今の自分はそう思う。

その足りない・欠けてる部分。
自分が社会のその部分を必要とするとき、
NPOなどの存在の重要性に気づくことができるのかなって思う。



平日の昼間に300人もの人を集めるシンポジウム。
すごいなぁー
参加費は、無料。

裏側を知りたくてたまらない。ウズウズ。




NGO 思いつくまま | Comments(0) | Trackback(0)
2009/07/11.Sat

ラモン・マグサイサイ賞 NGO2

今日のセミナー

ラモン・マグサイサイ賞
を1978年に受賞した
ドゥアン・プラティープ財団
の理事長のプラティープさんのお話だった。

タイでの一日一バーツ学校などで、有名。

マグサイサイ賞、アジアのノーベル賞ともいわれる有名な賞なはずだけど、知らなかった。。。
学生の間では、かなり知名度が低そう。


財団の話というよりも、中心は、タイの政情不安だったようにすごく感じる。
ほんとうの現地の生の声だったように思う。

黄色、赤、緑、青色に勢力別れて、政情がかなり不安。

黄色・・・反タクシン派
赤・・・タクシン派
緑・・・軍隊
青・・・しっかり聞き取れなかった。


タイのこと、政情が不安定なことは、すごく報道されるが、内容は全くされないなぁ。
やっぱり、外国のことだもんね。

けど、聞いて、すごく興味深かった。

タイでは、行政、立法、司法の3権の中で、司法、すなわち裁判官が力を握っているらしい。

黄色組(反タクシン派)、軍と司法の連携によりクーデターを起こし、成功?
赤組(タクシン派)は、警察とパイプが太い。

そら、司法に逆らったら、国家反逆罪で捕まるしね。。。
そう思うと、司法を振りかざして、権力を握るって、すごい。


タクシン派は、貧困層に一定程度の人気があった。
黄色組に比べると、はるかに人気があった。
黄色組に言わせると、お金をばらまいて、貧困層からの人気を得ていたらしい。
だから、貧困層の多いタイでは、赤組が選挙で勝つらしい。
で、黄色組は、タイは、選挙を行うには、国民の教育が不十分であるという主張をしている。


「選挙を行うには、国民の教育が不十分て・・・」


というか、
一番の疑問点。

1932年にクーデターで、立憲君主制になってから、

タイでは29回のクーデターがあった。

3年に一回は、クーデター。
オリンピックよりも多い。

「立憲君主制移行後、なぜ、タイでクーデターが頻繁に起こるか?」
なかなかおもしろそうじゃない?


タイは、他の東南アジア諸国よりも経済的に発展を遂げている。
(共産主義の防波堤という形で、アメリカから経済支援もあり)

それにも関わらず、クーデターが多すぎやしないか?


まぁ、おいておいて。


現在のタイでは、民主主義がうまく機能していない。
教育を全国民が受けることができたら、機能するのか?

あー、頭がごちゃごちゃ。


NGO 思いつくまま | Comments(0) | Trackback(0)
2009/07/08.Wed

自分流ボランティア  1

なんか・・・

学生が、営業に行くと、相手が進んで、話を聞いてくれる。

それは、相手が学生を学生だと見ているからなのかな?

社会人だとこういう風にはいかないはず(実際は知らないけど・・・)

相手は、心のどこかに、
「力になってあげよう」(社会貢献)につながるからいいかな?っていう気持ちがあるはず。


自分は、その学生ということを最大限利用して、営業に行こうとしてる。笑
(学生を最大限利用して、名刺も作成。)

こう考えると、いかがなものかと思う・・・笑


学生ということで、社会の現実が甘く自分に接してくれる。
すごくありがたいこと。

そこに付け込んで、なにかをするということ。
こう考えると・・・あちゃーーー泣



まぁ、それはおいておいて。(おいておけないか・・・笑)


インターネット広報活動、ひとまず成功したのかな?

金曜日に開催されるセミナー、
定員30名だけど、定員を超える人々が集まった!!!

結果が出ると、嬉しい。
(まぁ、セミナーに、すごい有名な人が来るからかな・・・笑)


他にも、

・次の月曜日のイベント
・夏のスタディツアー3本

のインターネット広報活動をしてる。

結果が楽しみ。


月曜日のイベントは、定員300人。
NGO 思いつくまま | Comments(0) | Trackback(0)
2009/06/26.Fri

仲間に加わった。

大学生3回生が仲間になった♪
初めての仲間。
(というても、授業の一貫で来るんだけれども。)

それだけで、すごくうれしい♪

一人じゃ辛いこともたくさんある。



NPOの、次代にも残る組織を作る。またそれが、社会と密接につながるもので。
夏休みの自分の目標にする。



院の勉強もする、
組織も作る。

大学生最後の夏。


大学生で、いろんな団体を作る人もいる。

けど、自分は、この4回生で作る!!!
大学生としては、かなり遅咲きの団体。

今日、大学の教授が事務所に来た。
すごく、不思議だった。
「インチキ」という教授の言葉、すごく印象的。
NGO 思いつくまま | Comments(0) | Trackback(0)
2009/06/24.Wed

ほったらかしにしてた。

明日というか、もう今日だ!!!!!

ほったらかしにしてたプレゼン資料の提出が明日というか、今日だ!!!!!

同じことばを重ねてみました笑

これは、やばす!

プレゼンと言っても、パワーポイントを使うわけではなく、資料として使うもの。

なんか、言葉にすると全然わけわからん。笑

少し具体化すると、

文字・絵を紙に印刷して、人に伝えたいことを伝える。

色は、黒インクのみ。

いやーーー、悩みますね。

パソコンで、絵とか書けない。
でも、書かないとね。


ゼミの発表で、ぎりぎりまで、できないのは、わかってたんだけど。

さぁ、やろうか。
現在、朝1時。
家、出発は朝11時。

家出るまで、
あと10時間。
4時間は寝たいから、あと6時間。
ご飯食べたいから、あと5時間30分。
休憩するから、あと5時間。
家でる用意するから、あと4時間30分。
実際に、集中できるのは、3時間30分。


こう考えると、時間て。。。
NGO 思いつくまま | Comments(0) | Trackback(0)
2009/06/13.Sat

NPO入門 

ボランティアをしてるNGOで、ちょっとした出来事があった。

NGOの活動とは、そのNGOの組織に従属する中で、
最大限活動をしなければいけないと痛感した。
(どんな組織でも当たり前のことだと思うけど。)

NGOって、単に自らの活動を大きくし、社会にインパクトを与える活動をすることが目的ではないかもしれない。
(自分は、そう思ってた。)


NGOってなんだ?

日本では、NPO法(特定非営利活動促進法)
で、NPOが定められている。

NPO入門 (日経文庫)NPO入門 (日経文庫)
(2004/05)
山内 直人

商品詳細を見る


非営利=善ではない。

この本に書かれていることだけど、それだけは、ほんとに注意するべきだとう思う。
営利企業よりも、非営利企業は、社会的に有意義なことをしているという考えがある。これもほんとにそうだと思う。


個人的に、
NPO批判をしているわけではないけど、
NPOって、外部の評価を受ける機会が非常に少なく、閉鎖的になってしまいがちであることが、ほんとに大きな問題であると思う。

こんなNPOも、
国際協力という言葉を使って、寄付を集め、自らの活動費に充てる。
そして寄付の一部のみが、寄付される。
(これだったら、普通に寄付したほうが完全にいいと思う。)

けど、その内訳を知ることは、容易ではないし、どうやって、知るかもわからない。

まぁ、NPOを運営していくことが必要だから仕方がないとは思うけど。
NPOだって、も負債を抱えるし、それを返していかないと活動できない。


NPOっていう響きになんかやられちゃうことが多いなって思う。
(NPOと聞くと、自分も、すごく響きがよく聞こえる。)

難しいって言ってはダメだけど、なんか難しいよね。

続きは、
また、思いついたら、書こう!



NGO 思いつくまま | Comments(0) | Trackback(0)
2009/06/05.Fri

かーねるプロジェクト 始動

ふと気づくと、NGOでインターン?ボランティア?を開始して、ほぼ1年です。
長い下積みというか、なんというか。
・書類の整理
・部屋の掃除
・発送作業
・翻訳
・セミナーの受付
・WEB広報
様々な事務実務を経験。無給です笑

不景気なんです。。。
まぁ、不景気はおいておいて。

NGOの電話も取るようになった。
はい、●●●のかーねるですと応答・・・笑


ついに、自分のプロジェクト始動です。
ついに、ここまで来た!!!!!!!!!!!!!!

かーねるプロジェクト 始動
名前は、気にしない笑

プロジェクトの目的は、まとめると、WIN-WINの関係を目指すです。
崇高なる目的は、秘密♪

プロジェクトを成功を導くために、

まずは、会員・寄付を増やすために、外回り営業がもうまもなくスタートする。

社会の荒波にもまれることが予想できる。

けど、せっかくの機会、少しでもうまくやりたい。

営業talkをただいま、練習中です。

営業logicは、ほぼ完成です。


名刺に、プレゼン資料に、案内パンフレットを携え、一人で営業に。

いやーーー楽しみ&不安。


いよいよ、かーねるプロジェクト始動 


大手企業に営業も、行ってやる!!!!!!!

社会で、打ちのめさせられて終了。
それだけは、駄目。
打ちのめされたとしても、立ち直る!!!

モチベだけは高いよ♪
だって、自分しかいない。
今は、一人でやるんだ!



さぁ、試験勉強しよ♪


NGO 思いつくまま | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。